治療の流れ

1 ご来院 →初期評価

問診・視診・触診/患者さんの主訴・原因の把握 → 観察評価/全身・局所症状把握、環境の確認 → 検査測定評価/各種検査測定器具

超音波画像機検査

イメージ

当院で導入しております、SONOACE800EXは革新的なマルチ・スペシャルティのデジタル・カラー超音波システムです。
次世代デジタル・ビーム・フォーミング技術とインテリジェントな信号処理技術とを組み合わせ、ディテールと空間分解能にすぐれ、非常に優れた画像を提供することが可能です。

イメージ
離断性骨軟骨炎

イメージ
腱板断裂RCT

イメージ
テニス肘

▼

2 総合評価

総合評価イメージ

初期評価から総合的に評価判断し、傷病名をつけ当院グループ連携医療機関との協力(X-P・CT・MRI検査などに)体制を必要とするかなどを同時に判断させて頂き、患者様に病態説明し理解を得た上で治療方針を決定し「保険治療」、「保険外治療(一般治療)」にて施術してまいります。

▼

3 治療

総合評価→保険治療/保険治療+一般治療/一般治療/連携医療機関との連携体制

基本治療方法について
  • 〔1〕 “健康保険治療”「整復」・「固定」・「後療(手技療法、運動療法、物理(理学)療法)」・「指導管理」を行ない、人間の持つ自然治癒力を最大限に生かす環境づくりと併せて施術を行ないます
  • 〔2〕 “保険外治療”の「一般治療法(ペイントリートメント療法)」
  • 〔3〕 1、2の相乗効果による早期回復(社会復帰)に努めています。

※当院グループは、症状や患者様の申し出に応じまして見識高い連携医師の同意・X-P・CT・MRI検査、その他の科学的精査を頂いています。

▼

4 中間評価

プログラムの遂行、手技療法・物理(理学)療法・運動療法の実施、治療上の指導管理状況により現症を把握し経時的評価(治療効果の確認)をします。

▼

5 アフターケア

再発予防指導管理と治療終了に向けた評価をします。
当院グループは「骨折」、「脱臼」治療のスペシャリストとして、適切な応急処置の(整復、固定)後、協力医師の「同意」のもと、高度の後療治療法による患部回復を図ると共に、患部を長期間かばうことによって発生してくる、骨格の“ゆがみ”を整え、二次的合併症の予防を同時に管理治療をしながら早期回復(社会復帰)に全力を尽くしています。

?