交通事故にあったら

交通事故に遭った時

交通事故イメージ

お身体にケガが有るときは119番(消防署)に連絡してから110番(警察)に連絡しましょう。
(ケガが無くても、その場の判断で警察に届けなかったり、
お互いで書類を交わしたりはトラブルのもとです)
▼
安全な場所に車を停めましょう。
▼
相手の車のナンバー・氏名・住所・連絡先を控えましょう。

接骨(整骨)院で交通事故によるケガ・後遺症の治療をする時

1. 接骨(整骨)院に通院し、柔道整復師に受ける療養(治療)は自賠責保険法(自動車損害賠償保障法)により認められている療養(治療)です。

(例)この様な事を言われた事はありませんか?

  • 最初にレントゲンを撮ってください
  • 最初は整形外科に行かないとお支払いしません
  • 接骨(整骨)院での治療は、保険金が支払われない場合があります等

患者様が損害保険担当者さんから言われたと聞く事があります。

被害に遭われた患者様が接骨(整骨)院に通院し治療を受ける事に対し、上記(例)のような事は一切ありません。
被害に遭われた方には、日本国憲法により自由に医療・療養を選択できる権利があります。安心して施術(治療)に専念し、一日も早い社会復帰を願っております。
当院グループでは、地域の見識高い連携医師の同意・X-P・CT・MRI検査、その他の科学的精査を頂いています。患者様に合った最良の施術(治療)を選択し、ご説明をさせて頂きご納得いただいた交通事故リハビリ治療をしていきます。

2. 接骨(整骨)院で柔道整復師により発行された診断証明書は、最高検察庁より認められている正式な証明書となります。

(例)この様な事を言われた事はありませんか?

  • 接骨(整骨)院の診断証明書は駄目です
  • 最初は病院に行って診断書を貰ってください等

患者様が損害保険担当者さんや警察官に言われたと聞く事があります。

最高検察庁・検察庁・警察庁・県警本部に対し、「柔道整復師作成診断書妨害防止の要望」によって最高検察庁より『「傷病の取り扱いが行える者」については柔道整復師があることについて、特段、これを否定するような事を意味するのではない』とされており、接骨(整骨)院の出す診断証明書は正式に認められております。
☆当グループではその他スポーツ保険、傷害・災害保険、各種共済やPTA互助会、証明書(証)の発行、診断書、保険治療や公責負担制度にかかわる証明、その他加入が自由な任意保険(傷害・災害保険等)やその他かかわる証明書(証)も発行いたしております。

3. 通院中の病院及び他接骨(整骨)院から途中で転院することも出来ます。

(例)この様な事を言われた事はありませんか?

  • 先生の紹介状が無ければ転院は出来ません

患者様が損害保険担当者さんに言われたと聞く事があります。

その様な制約は一切ありません。自由医療選択権利が御座いますのでお気軽にご相談ください。
藤正会グループでは、交通事故により被害に遭われた方の救済を第一に考え、被害者の立場を一番に尊重する接骨院です。当グループでは、交通事故被害に遭い心身ともにつらい症状の改善を1日も早く取り除き、充実した社会復帰が出来るよう、最良のリハビリ治療を毎日受診して頂くよう推奨させて頂いております。
※尚、あて逃げ!ひき逃げ!でも国の補償制度をご利用出来ますので、
交通事故に関してのご質問とご相談は、当院グループにお気軽にご相談ください。

事故に遭ったらご連絡ください! 印刷用PDFはこちらからダウンロードできます。